Oh! No! It's Heavy Low Tension...

そんなに書かないと思います。

理外の

ことが起こっているこの生涯

どうも退陽です。

 

なんだかなぁってことばっかり起きてますよこの人生。

他人がね。

ぼく自身はどうやらふんわりと生きていけるような人生らしいけども。

 

友人が会社をやめると。

業界も去ると。

 

なんだかなぁ〜〜〜〜

 

正直言ってぼくよりも何倍もモチベあるようなやつだったのに。

ぼくよりも才能あるやつだったのに。

な。

 

ぼくなんかただ生きているだけ。死なないだけの人生なのに。

 

ぼくの方が長く続くことになるってなんなんだって話だ。

 

前述の友人曰く、

「仕事に求めることの違い」ってやつで、彼はプライベートの方が重要ってことらしいが。

わかる。

というか、

彼の行った会社がそういうの尊重してなかったせいなんだよな。

ウチに来ていればの念が強まる。

マジで。

 

ゆるふわ進行なウチに来ていればなぁ…

 

最初に言ったことはそういうことで。

ぼくはテキトーに人生生きてるのにこういうところは運が良い。

今ぼくには辞める理由はない。

やめようとも思わない。

恵まれているのかねこの人生。

 

なんだかなぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

またぼくには新しい仕事がふられたし。

上司も丁寧に教えてくれるし。

社内の雰囲気も全くもって悪くないし。

 

おれより幸運になるべきひとはいるのになぁ

享受していいのだろうかこの人生を。

 

なんなんだ。

なにを言いたいんだ結局って話ですけど。

 

さびしいってこっちゃ。

 

終劇